top of page

いち



なんでみんな、じっと湖をながめているんだろう。












  誘われてるんだろ。












思い出せない喜びが、遠くはなれていくようなきがしていた。









さっきまでへそをさわっていたゆびを空中にあげた。



星の数をかぞえよう。




いち


  それは僕だよ、こっちこっち


あ。そうか


  に、さん、よん、


え?どこによんがあるの


  あれだよ、あれ


あー、あれね。






また、まわりだした。




遊び疲れて眠りにつく。





ポケットに入れていたはずの飴が、映画に出てきた。


舐めたはずの飴が、喉の奥で固まった。


久しぶりにかじったバター入りのロールパンからバターが垂れた。


夢から覚めた。




ポケットで飴が溶けている。


というよりも、それはガスみたいなひかりのようにはじけている。


その繰り返しは果てしがなかった。




つ・づ・く


閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page